まいにちていねい

毎日ていねいにたのしく

モノはいらない

新生活をするにあたり、実家から引っ越す準備をするのに、最小限のモノしかもってこないようにしました。それは、新居があまりにも狭いから。収納場所もなければ、収納家具をおく場所もあまりないほどの狭さ。一時的な住まいだし、いるものだけ、と。

いざ、住んでみると、モノは必要ないということ。なんの不自由もなく暮らせていて、むしろ自由。

これはよく聞く話ですよね。実家はもちろん、荷物はそのままにしてあるので、実家時代はモノに振り回される生活をしていました。

かたづかない

         ⬇︎

イライラする

         ⬇︎

片付ける気力がなくなる

         ⬇︎

ますますきたなくなる

          ⬇︎


というような感じでしょうか。実家での暮らしはこんな感じでしした。

モノは怖いです。声を発するわけではありませんが、確実に主張するのです。

よく、部屋は自分の心の中とリンクしているといいますよね。本当にそう思います。実家で暮らしていた時は、気持ちもいっぱいいっぱい、モノもいっぱいいっぱいだったなあ。

今度こそ、次回の帰省でスッキリ処分させねば!f:id:mainichiteinei:20170609162106j:plainもう、何年も前に購入した、市場かご。何にでも使えて、便利です。帰省する時もこれ一つ。ピクニックにもこれ。使わないときは、収納かごに。何役でもこなしてくれるかごは、いいですよね!でも、持ちすぎに注意です。